テクノホームアイザワ|Technohome Aizawa|山梨の住宅ならテクノホームアイザワまで

シリーズ『その時、遮熱は動いた』①2017.04.30

青々とした緑がキレイな季節になりましたね。皆さん、お変わりありませんか。

Techno Home Aizawaのカール・シュヴァルツシルトこと相澤です。

 

さて、今回から数回に分けて、我がTechno Home Aizawaの根幹とも言うべき「良好な住環境」について、

「なぜ断熱ではなく遮熱なのか」を踏まえて説明していきたいと思います!!(別にネタが無くなったわけではないよ)

 

まず、「遮熱」について説明する前に、基本的なところの「熱の移動」について今回は説明します(*^^)v

 

水が高い所から低い所に流れるように、熱も常に高い所(高温側)から低い所(低温側)に移動しています。

逆方向に流れることはないんですね。

 

そして、ここからが大切な事なのですが、熱が移動するには3つのプロセスがあります。

1、伝導

熱が物質を伝わって高温側から低温側へ移動する現象です。

スプーンの端っこをライターで炙るといずれ持っていられなくなるヤツですね(^_-)-☆

建築では主に構造躯体(柱や壁など)がこの物質にあたります。

2、対流

熱が気体や液体など、流体の循環によって移動する現象です。

フラスコの中の水を温めるとおこるアレですね(*^^)v

建築では空気による対流熱移動がメインで、室内の壁際とかの熱移動ですかね。

3、放射(輻射)

熱が物体から他の物体へ直接、電磁波の形で移動する現象。

焚火に手をかざすと「あったかいんだからぁ~♪」(まだ、一周してないかな…)のヤツですね(T_T)

実は、建築ではこれが一番厄介なんです。

 

以上が、熱の伝わる三要素です。基本中の基本で、「良好な住環境」を造るために

まず理解しないといけない事なんです(^_-)-☆

 

次回は、輻射熱についてなぜ厄介なのか。

建築においての熱の伝わる三要素を踏まえて、建築目線で説明しますね。

 

では、また(*^▽^*)