テクノホームアイザワ|Technohome Aizawa|山梨の住宅ならテクノホームアイザワまで

月別: 2017年4月

シリーズ『その時、遮熱は動いた』①2017.04.30

青々とした緑がキレイな季節になりましたね。皆さん、お変わりありませんか。

Techno Home Aizawaのカール・シュヴァルツシルトこと相澤です。

 

さて、今回から数回に分けて、我がTechno Home Aizawaの根幹とも言うべき「良好な住環境」について、

「なぜ断熱ではなく遮熱なのか」を踏まえて説明していきたいと思います!!(別にネタが無くなったわけではないよ)

 

まず、「遮熱」について説明する前に、基本的なところの「熱の移動」について今回は説明します(*^^)v

 

水が高い所から低い所に流れるように、熱も常に高い所(高温側)から低い所(低温側)に移動しています。

逆方向に流れることはないんですね。

 

そして、ここからが大切な事なのですが、熱が移動するには3つのプロセスがあります。

1、伝導

熱が物質を伝わって高温側から低温側へ移動する現象です。

スプーンの端っこをライターで炙るといずれ持っていられなくなるヤツですね(^_-)-☆

建築では主に構造躯体(柱や壁など)がこの物質にあたります。

2、対流

熱が気体や液体など、流体の循環によって移動する現象です。

フラスコの中の水を温めるとおこるアレですね(*^^)v

建築では空気による対流熱移動がメインで、室内の壁際とかの熱移動ですかね。

3、放射(輻射)

熱が物体から他の物体へ直接、電磁波の形で移動する現象。

焚火に手をかざすと「あったかいんだからぁ~♪」(まだ、一周してないかな…)のヤツですね(T_T)

実は、建築ではこれが一番厄介なんです。

 

以上が、熱の伝わる三要素です。基本中の基本で、「良好な住環境」を造るために

まず理解しないといけない事なんです(^_-)-☆

 

次回は、輻射熱についてなぜ厄介なのか。

建築においての熱の伝わる三要素を踏まえて、建築目線で説明しますね。

 

では、また(*^▽^*)

 

 

 

益子焼2017.04.21

新緑が芽吹く季節となりましたね。みなさんお元気でいらっしゃいますか?

Techno Home Aizawaのルーベンス・バリチェロこと相澤です。

 

さてさて、突然ですが先々月くらいに栃木の益子町で益子焼の体験をしてきました( *´艸`)

実は、その時に作ったものがそろそろ届くはずなんです!!

てなわけで、思い出しましたのでその時の事を少し報告です(^^♪

轆轤(ろくろ)を回し固くコネてある粘土を水を付けた手で伸ばしたり形を作っていきます。

これ、超難しいんですよ!集中力と思いっきりの良さ!

因みに、妻も一緒です。

で、最初に出来たのがこれ(T_T)

ビビって親指だけ突っ込んで作った感じ(-“-)

そう!ビビってたらダメなんです!なりきるんです!桶谷 寧さんに!目指すは曜変天目です!NHK Eテレで予習したじゃないか!いくぞぉぉぉぉ!

妻も頑張ってます!負けねぇぞ!

二人とも真剣そのもの(*^^)v

で、出来たのが…

粘土、ほぼ使い切りまして、これだけ出来ました。真ん中のラーメンどんぶりが苦労しました(@_@)

初めてでこれだけ大きい物は、なかなか出来ないみたいですよ!やっぱり予習は大切です( *´艸`)

後は、窯元の方が私の選んだ色に焼いてくれるので、完成品を待つのみ!

それがもうすぐ届きます!楽しみですね!

届いたら、また報告しますね(^^♪

 

さて、本業の方なんですけど、只今、お打合せ中のお客様のプランが完成したのですが、

自分で言うのもなんですけど、これがまた楽しそうなプランに仕上がって( *´艸`)

早く提案したいですね(^^♪

 

住まわれる方が、毎日を楽しく快適に過ごせる!しかも高い次元での快適さで!

そんな住宅を提案してます(*^^)v

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

ウエスタンレッドシダー2017.04.06

 

野山に街に、花の香りが漂う頃となりました今日この頃、みなさまお変わりはありませんか。

こんにちは、Techno Home Aizawaのヴァルター・グロピウスこと相澤です。

 

たまにはHyper architect creator ハイパー・アーキテクト・クリエイター(?)らしく、建物の仕上げについて書いてみたいと思います!(^^)!

何だかいつも遊んでるんじゃないかと思われそうなので …^^) _旦~~

 

まず最初はこれ!!

当社が今手掛けているガレージ兼趣味室の仕上げから

上が、ガレージから室内に入る入り口のドアで、下2枚が室内の勾配天井( *´艸`)

見切れているのは、うん千万円するメルセデス・ベンツ!AMG63!!オプションだけで私の愛車が8台買えます!

ガレージの建築費より高い・・・はぁ~、余談は置いときまして

 

今回は、双方WRC(ワールド・・・・・じゃなくて、ウエスタンレッドシダー)で作成してみました。

WRCはこの色むらが何とも言えない風合いを醸し出しますね(^_-)-☆

 

このままでもキレイなのですが、ここから塗装をかけると…

見て!

見て!見て!見て!!

どうですか!こんなに変わるんです!変われるんです!!ムムッ!

無理やり色を付けるのではなく、透明なオイル(今回はWATCOオイル)を塗るだけでこの違い!

塗らずにおけますか?イヤ、おけない(反語)!そんなもったいない事私には出来ない( *´艸`)

 

これだけ変わればね( *´艸`)

綺麗にお化粧してあげたくなりますよね(^^♪

とっても綺麗になりました!!

 

今回は、もう一つ!(最近更新してなかったので)

 

これなぁ~んだ?

これは・・・

こんな所に使うんです!!

こんな感じで専用の接着剤を付けて・・・

もうわかりますよね?そう!窓台なんです!

なんて贅沢で斬新な( *´艸`)

OYI(大谷石・・・こんな言い方しないけど)を使った窓台なんですよ!

さすが、Hyper なんちゃらですよ!カッコいいこと考える!ステキ!

さて、自画自賛したところで、今回はこの辺で(^^)/

 

 

では、また。