テクノホームアイザワ|Technohome Aizawa|山梨の住宅ならテクノホームアイザワまで

月別: 2019年6月

完全遮熱工法(仮)2019.06.24

“うちの亭主と炬燵の柱、なくてはならぬがあって邪魔”

的な扱いに慣れてきた今日この頃、皆様いかがお過ごしですか(~_~;)

 

It always seems impossible until it’s done.

(何事も成功するまでは不可能に思えるものである。) Nelson Mandela ネルソン・マンデラ

で、お馴染みのTechnohome‐Aizawaの相澤です(^^♪

 

さてさて、久しぶりの投稿ですがいよいよ始まりましたよ!!

何がって遮熱ですよ遮熱!!完全遮熱工法(仮)

断熱材を一切使わない遮熱材だけのガチのヤツです!

しかし手間が掛かるわぁ~(;´Д`)皆さん、ただ遮熱材を貼るだけとか思ってません?

それでは効果は出ないんですよ(^_-)-☆

ここにノウハウがあるんですけどね!

ポイントは「静止空気層」!!!

何のことだろうね( *´艸`)

ひ・み・つ(^_-)-☆ ←キモッ!

だって秘密なんだもん!でも、今度現場見学会やるからその時に来ていただければ全て教えますよ!!

この静止空気層によって、熱移動の75%を占める輻射熱(放射熱)のみならず、同20%分の対流熱にも対応!!(この辺はコラム参照)

残りの5%を占める伝導熱は柱や間柱がある限りどんな工法を選んでもヒートブリッジ(熱橋)になりますからね(^^♪

つまり熱移動の95%をなんとかしちゃいまっすって事(^^♪

凄くないですか?だから手間がかかる!だから良い物ができる!手間をかけずに良い物なんてできませんがな!!!

納得するまで手間を惜しみません!!!!変態なんで( *´艸`)

特に凄いのが上から下、つまり屋根から室内への熱移動( *´艸`)輻射熱による熱移動が93%なんだって!

↑これね

この時期違うよ( *´艸`)いや、マジで!!

 

現場見学会出来るようになりましたらまた告知しますね(^^♪

 

では、また♪

 

 

 

 

 

K様邸 気密測定結果&重要性‼2019.06.10

こんばんは、ウエちゃんです。

山梨も6月7日(金)に梅雨入りとなりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

先日、甲斐市龍地 地内にて施工中の

K様邸(ソーラーサーキットのお家)の気密測定を

実施致しました。

なんと‼

当社目標の数値が一回目の測定にて達成出来ました。

(^^)/ 「相当隙間面積 = 0.3㎠/㎡」

気密試験を行って頂いた方より

沢山の住宅会社様を測定させて頂いているのですが

良くて、約0.6㎠/㎡とのことでした。

あらためて、気密の重要性について

健康なお住まいに住んで頂くための重要なポイントと考えます。

 

シックハウス対策に係る建築基準法改定に伴い

平成15年7月1日以降に着工する物件は

機械換気設備の設置が義務化となり

住宅の居室には、換気回数0.5回/h以上の機械換気設備

(いわゆる24時間換気システム等)の設置が必要となりました。

その換気をしっかりするには

そうです‼お住まいの気密性が重要となります。

こちらの画像を見てください。↓↓

左側の住まいのイラストの様に気密が低い場合には

性能の良い高価な換気フィルターを使用しても

肝心なフィルターを通らずに

家の隙間より侵入

すると、花粉や、ホコリ等

住まいの中にそのまま侵入してしまいます。

また、湿気の侵入にも大きく関わります。

 

お住まいのご検討の際には

気密測定の実施の有無のご確認もしてみてください。

 

それでは m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

WORKSに新しい記事をUPしました。2019.06.10

 

いよいよ梅雨シーズン突入ですね。

最近は雨の日を楽しむアイテムとして

かわいい長靴や傘をたくさん見かけます。

ちょっと鬱陶しい雨が続きますが、

今年は素敵なアイテムを投入して

いつもと違う梅雨を過ごしてみようと思います。

 

WORKSに「平屋のいえ」の施工例をUPしました。

是非ご覧ください。